トップ >  卓球基本の構え、フォームとは? > 卓球の基本の構え、フォームって?【すばやく動ける基本のフォーム】

※ここにソースを貼り付けてください

卓球の基本の構え、フォームって?【すばやく動ける基本のフォーム】

前後左右どこへでも素早く動く事ができ
尚且つ打てる姿勢でいるのが
卓球の基本的なフォームです。

とはいってもよくわからない方もいるかもしれませんが
テレビや卓球大会で選手がとっているフォームが基本で、
多くの選手は卓球台の前で立ち、つま先を少し開き
腰を落として相手のほうを見ているあの姿勢です。

このようにつま先を意識をして前に重心を乗せるように
姿勢をとるのは、素早く動くためであり、
足全体やかかとに重心を乗せてしまうと
素早く動く事ができなくなってしまうのです。

また、卓球はフォームの他にも
立つ位置も大変重要になります。

立ち位置は、卓球台に向かって
ラケットを持ったら手を伸ばしたら、
ラケットの先が卓球台につくところまで
移動していきます。

次にラケットを右に持つ人は左により、
センターラインの左寄りに立つようにし、
ラケットを左に持つ人は右に持つ人と逆方向に
移動します。

基本的な卓球フォームはこのように決めます。


最後にラケットの位置も確認しておきましょう。

ラケットは少し内側に向けて、どこから珠がきても
すぐ動けて相手に打ち返えるように構えるといいでしょう。

以上のように基本的なフォームと立ち位置、
ラケットの位置などに気をつけるのですが、
意識しすぎると力が入ってしまうので
体の様々な関節に力が入らないようリラックスし
自分でもリラックスできるポイントを探す事も必要です。

実践的なプレーで最大の力を出すには、
正しい基本的な卓球フォームを身につけれれば
良い結果が出るのではないでしょうか。

この記事のカテゴリーは「 卓球基本の構え、フォームとは?」です。
卓球基本の構え、フォームについてまとめています。
関連記事

卓球の基本の構え、フォームって?【すばやく動ける基本のフォーム】

前後左右どこへでも素早く動く事ができ 尚且つ打てる姿勢でいるのが 卓球の基本的な...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「 卓球基本の構え、フォームとは?」です。2012年03月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球のラケット握り方は?」です。2011年09月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球サーブの種類は?」です。2011年09月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球のサーブの打ち方は?」です。2011年09月07日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索