トップ >  卓球サーブの種類は? > 卓球のサーブの種類とは?【基本の4つのサーブ】

※ここにソースを貼り付けてください

卓球のサーブの種類とは?【基本の4つのサーブ】

卓球のサーブの種類は、
下回転サーブ、横回転サーブ、ナックルサーブ、
バックハンドサーブと、割合馴染みの深いものから、
高い位置にトスを上げる天井サーブや
一流選手が試合の時に見せる
華麗な王子サーブなどたくさんありますね。


王子サーブに憧れている人も、まずは基本のサーブから
練習を始めましょう。

1) 下回転サーブ

多くの人が採用しているサーブに下回転サーブが
あります。

下回転サーブは、球に下回転をつけるために、
球の下の方を斜めに切る様にして打ちます。

この時、玉をより鋭く回転させるほど強いサーブに
なって、相手が打ち返しにくくなります。


2) 横回転サーブ

横回転サーブは、打った球が横に曲がるサーブで、
別名横切りサーブと呼ばれます。

横回転サーブは、相手の対角線上の台の端に立って
打ちます。

相手側にとってバックハンド側に玉が来るので、
打ち返しにくいのが特徴です。

スマッシュやドライブのかかった玉などの強い返球が
しづらいので、攻撃的なサーブの一つです。


3) ナックルサーブ

ナックルサーブは別名無回転サーブと呼ばれ、
野球のナックルボールのように無回転のサーブで
玉に回転を与えずに前に押し出すように打ちます。

ナックルボールを投げる野球のピッチャーが少ないように、
卓球のナックルサーブも難易度の高いサーブです。

下回転サーブに見せかけて体ごと下方向にずらしながら、
ボールを前に押し出すように打つのが
ナックルサーブを打つコツです。

4) バックサーブ

バックサーブという名前どおり
バックハンド側から打つサーブも実戦で役立つサーブです。

この記事のカテゴリーは「 卓球サーブの種類は?」です。
卓球サーブの種類についてまとめています。
関連記事

卓球のサーブの種類とは?【基本の4つのサーブ】

卓球のサーブの種類は、 下回転サーブ、横回転サーブ、ナックルサーブ、 バックハン...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「 卓球基本の構え、フォームとは?」です。2012年03月14日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球のラケット握り方は?」です。2011年09月12日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球サーブの種類は?」です。2011年09月10日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 卓球のサーブの打ち方は?」です。2011年09月07日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索